新宿 税理士 会計事務所 韓国 新宿駅 徒歩12分 (新宿御苑前駅 徒歩1分)

HOME 会計事務所 新宿 税理士
業務案内/法人の方 税理士
料金表 (法人の方)
パソコン活用
セカンドオピニオンを   お求めの方
クラウド会計を       お考えの方
個人の方 会計事務所
料金表 (個人の方)
資産運用や相続、贈与  対策の方
インフォメーション
ケーススタディ
ご契約までの流れ
お客様の声
よくある質問
報酬のお見積もり
リンク集
事業所案内 新宿
事務所概要
所長あいさつ
お問い合わせ
採用情報
新宿税理士開業日記
プライバシーポリシー
韓国語サイトはこちら 韓国

よくある質問
ケーススタディ

 
起業後の届出書類について-都道府県税務事務所・市区町村編‐

前回、会社設立後に税務に関して税務署への届出が必要な書類を紹介しました。
会社を設立したら国税の他に地方税も収めなければなりません。そのために、各都道府県の税務事務所と市区町村への設立の届出が必要です。
今回は前回に続いて税務に関して、各都道府県の税事務所(○○県税事務所等)及び、市町村への届出が必要な書類を紹介します。

-各都道府県の税事務所への届出が必要な書類

・法人設立届出書

法人の設立を所轄の税務事務所に届出ます。
期限:会社設立の日から1ヵ月以内(各都道府県によって若干異なる)
添付書類:定款の写し、履歴事項全部証明書(登記謄本)

-市区町村への届出が必要な書類

・法人設立届出書

法人の設立を該当する市区町村の役所へ届出ます。
期限:会社設立の日から2ヵ月以内(各都道府県によって若干異なる)
添付書類:定款の写し、履歴事項全部証明書(登記謄本)

※東京都23区内の場合、法人設立届は都税事務所へのみ、届出ます。区役所には提出しません。