新宿 税理士 会計事務所 韓国 新宿駅 徒歩12分 (新宿御苑前駅 徒歩1分)

HOME 会計事務所 新宿 税理士
業務案内/法人の方 税理士
料金表 (法人の方)
パソコン活用
セカンドオピニオンを   お求めの方
クラウド会計を       お考えの方
個人の方 会計事務所
料金表 (個人の方)
資産運用や相続、贈与  対策の方
インフォメーション
ケーススタディ
ご契約までの流れ
お客様の声
よくある質問
報酬のお見積もり
リンク集
事業所案内 新宿
事務所概要
所長あいさつ
お問い合わせ
採用情報
新宿税理士開業日記
プライバシーポリシー
韓国語サイトはこちら 韓国

よくある質問
ケーススタディ

 
事例2:消費税の還付を受けたい

輸出業を主に営んでおり、消費税の還付が発生するのだけど、資金繰りのためにできるだけ早く還付を受けたい。

課税事業者であり、輸出免税取引を主に行う企業は多くの場合、消費税の還付を受けることができます。
取引の規模が大きくなると、消費税とはいえ、還付額は事業経営のうえで無視できない資金となりえます。
そうなると経営者なら誰しも、消費税の還付をできるだけ早く受けて、その分をほかの経費に充てたいと考えることでしょう。
当事務所のお客様の中にも輸出業を主に行われるお客様が多くいらっしゃいますので、こういったご相談はよくお受けいたします。
消費税の申告は通常、1年に1度ですので、それに伴い還付も1年に1度となります。
しかし、輸出専業や輸出比率の高い課税事業者は、所轄税務署長に「消費税課税期間特例選択・変更届出書」を提出すれば、課税期間は1カ月または3カ月ごとに短縮され、1年に12回または4回の還付申請が可能となります。
これにより、事業者は1月に1度、あるいは3ヶ月に1度消費税の還付を受けることができます。
実際に当事務所でもご相談を受け、お客様に代わって「消費税課税期間特例選択・変更届出書」を提出し、毎月確実に消費税の還付申請を行うことで、毎月消費税の還付を受けられるように対応させていただきました。
当事務所ではクラウド会計ソフトなどを駆使し、取引規模の大きい企業でも迅速・確実に処理を行うことが可能です。
経営者様は適時、消費税の還付を受けることができるので、よりスピーディーでスムーズな事業経営を行うことが可能となります。
消費税の還付申請でお悩みの方は確かな実力と実績を兼ね備えた当事務所へご相談ください。
まずはお気軽にお問い合わせください。