新宿 税理士 会計事務所 韓国 新宿駅 徒歩12分 (新宿御苑前駅 徒歩1分)

HOME 会計事務所 新宿 税理士
業務案内/法人の方 税理士
料金表 (法人の方)
パソコン活用
セカンドオピニオンを   お求めの方
クラウド会計を       お考えの方
個人の方 会計事務所
料金表 (個人の方)
資産運用や相続、贈与  対策の方
インフォメーション
ケーススタディ
ご契約までの流れ
お客様の声
よくある質問
報酬のお見積もり
リンク集
事業所案内 新宿
事務所概要
所長あいさつ
お問い合わせ
採用情報
新宿税理士開業日記
プライバシーポリシー
韓国語サイトはこちら 韓国

よくある質問
ケーススタディ

 
事例3:役員報酬はどう決める?

起業したばかりで事業の具体的な見通しが立っていないのだけれど、役員報酬の金額はどのように決めたらいいのだろうか。

起業したばかりの方で役員報酬の金額をいくらにすればいいか、お悩みの方も多いかと思います。
役員報酬は基本的に一度定めるとその事業年度は金額を変更することができません。
会社の業績に対して役員報酬を低く設定しすぎてしまうと、利益が多く計上され法人税を多く支払わなければならなくなります。
また、逆に役員報酬が高すぎるとその分所得税が高くなりますし、場合によっては会社が赤字になってしまうこともあります。
会社が赤字だと設備投資等の目的で融資を検討していたり、外国人の経営者の方でビザの更新を考えている場合に、不利になることが多くなります。
なので役員報酬は、法人税、所得税等の税金の問題や、会社の今後の展望などを考慮して慎重に決定する必要があります。
当事務所では、会社設立後の税務署等への手続きと同時に、お客様のご要望に合わせて、役員報酬の金額の設定についても会計データに基づき、税金との関係、銀行や行政との関係、今後の事業展開などを考慮してアドバイスさせていただいております。
起業後の手続きや、事業経営に関するお悩みなどございましたらお気軽にご相談ください。