新宿 税理士 会計事務所 韓国 新宿駅 徒歩12分 (新宿御苑前駅 徒歩1分)

HOME 会計事務所 新宿 税理士
業務案内/法人の方 税理士
料金表 (法人の方)
パソコン活用
セカンドオピニオンを   お求めの方
クラウド会計を       お考えの方
個人の方 会計事務所
料金表 (個人の方)
資産運用や相続、贈与  対策の方
インフォメーション
ケーススタディ
ご契約までの流れ
お客様の声
よくある質問
報酬のお見積もり
リンク集
事業所案内 新宿
事務所概要
所長あいさつ
お問い合わせ
採用情報
新宿税理士開業日記
プライバシーポリシー
韓国語サイトはこちら 韓国

よくある質問
ケーススタディ

 
年末調整:給与所得控除について

年末調整において給与所得控除は所得税額を算定する際に必要な項目です。
そこで、給与所得控除の簡単な意義と平成28年度分の給与所得控除の計算方法を紹介したいと思います。

給与所得控除とは

給与収入に所得税・住民税を課税する際に、勤務に伴う必要経費の概算額として収入から差し引かれる、所得控除の一つです。
個人事業主の事業所得を算定する場合は、収入金額から必要経費を差し引いて計算します。
しかし、給与所得者の場合は、収入金額については明確にわかるのですが、必要経費はどこまでを経費に含めるかの判断が難しく、正確な経費を決定することができません。
そこで、個人事業主との公平性を図るために必要経費の代わりに給与所得控除が認められます。
給与所得控除は使った経費を一つ一つ計算するのではなく、給与の額に応じて一定の比率を乗じることで算定します。

計算方法

180万円以下        ⇒ 収入金額×40% ※65万円に満たない場合は65万円
180万円超、360万円以下  ⇒ 収入金額×30%+18万円
360万円超、660万円以下  ⇒ 収入金額×20%+54万円
660万円超、1000万円以下  ⇒ 収入金額×10%+120万円
1000万円超、1200万円以下 ⇒ 収入金額×5%+170万円
1200万円超  ⇒ 230万円(上限)

ただし、給与等の収入金額が660万円未満の場合には、所得税法別表第五により細かく分けて控除額が定められます。